日本産婦人科・新生児血液学会 事務局

産業医科大学
小児科学教室内

〒807-8555
北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1

TEL. 093-691-7254(直通)
FAX. 093-691-9338

学会について

  1. ホーム
  2. 学会について
  3. 会則・定款

日本産婦人科・新生児血液学会会則

日本産婦人科・新生児血液学会会則

【第1章】総 則
第1条 本会は日本産婦人科・新生児血液学会
(The Japan Society of Obstetrical, Gynecological and Neonatal Hematology)と称する。
第2条 本会は産婦人科・新生児領域における血液学に関連する分野を研究し、斯学の進歩発展を図ることを目的とする。
第3条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1.
学術集会の開催
2.
学会誌の刊行
3.
研究、調査及び教育
4.
内外の関係学術団体との連絡及び調整
5.
その他、本会の目的を達成するため必要とされる事業
【第2章】会 員
第4条 本会の会員は次のとおりとする。
1.
正会員:本会の目的に賛同し、所定の会費を納入する個人とする。
2.
賛助会員:本会の目的に賛同し、所定の賛助会員費を納入する団体及び個人とする。
3.
名誉会員:名誉会員は、原則として理事及び会長の経験者で66歳を越えたものから理事会が推薦し評議員会で決定する。名誉会員は、理事会並びに評議員会に出席し、意見を述べることはできるが、議決権はない。
4.
功労会員:功労会員は、原則として評議員の経験者で66歳を越えたものから理事会が推薦し、評議員会で決定する。功労会員は評議員会に出席し、意見を述べることはできるが、議決権はない。
第5条 本会に入会しようとする者は、所定の手続きを経て当該年度の会費をそえ本会事務局に申し込むものとする。
第6条 正会員及び賛助会員の年会費は別に定める。
第7条 会員は次の理由により、その資格を喪失する。
1.
退会
2.
会費の滞納原則として2年間会費未納の者は退会とみなす。ただし海外留学等で会費納入不能と認められた場合は、休会届けを提出することにより、休会中の会費を納入することなく、休会前後の本会員としての資格を継続させることができる。
3.
除名
第8条 退会または除名は、以下の規約による。
1.
本会を退会しようとする者は、退会届けを本会の事務局に提出し、事務局はこれを受理して退会を認める。
2.
会費を滞納した者は評議員会の議決により退会と見なすことができる。
3.
本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為のあった会員は、評議員会の議決によって理事会がこれを除名することができる。
第9条 会員は本会の主催する集会に出席し、かつ研究成果を発表することができる。
【第3章】役員等
第10条 本会に次の役員等をおく。
1.理事長
1名
2.理  事
10名前後
3.学会長
1名
4.監  事
2名
5.編集委員
若干名
6.幹  事
若干名
7.評議員
若干名
第11条 本会の役員等は次の各項の規定によって選任される。
1.
理事長は理事会の推薦により選任される。
2.
理事は評議員会の推薦により選任される。
3.
監事は会員のなかから理事長が委嘱する。
4.
評議員は別に定める施行細則に従って、正会員のなかから選任される。
5.
学会長は評議員のなかから理事会の議決を経て、評議員会で選任される。
6.
幹事、編集委員は理事会の議決を経て理事長が委嘱する。編集委員長は理事の互選により選任される。
7.
監事を除く役員の定年は66歳とする。定期評議員会時に66歳を過ぎている場合はその評議員会終了時に役員を辞任する。ただし役員の残任期間を保有するものはその期間のみ役員として留まることができる。
第12条 本会の役員等は次の職務を行う。
1.
理事長は本会を代表し、会務を総括する。
2.
理事長が病気、事故などにより職務を遂行できない場合は、理事の互選により理事長代理を選出し、その間理事長職務を代行する。
3.
理事は理事会を組織し、会則にしたがって会務を執行する。
4.
評議員は評議員会を組織し、会務について審議する。
5.
監事は会務及び会計を監査する。
6.
幹事、編集委員は理事長の命を受けてそれぞれの業務にあたる。
7.
学会長は年1回の定期学術集会を主催する。開催地、会場、期日、プログラム編集に関しては学会長一任とする。
第13条  本会の役員等の任期は、次のとおりとする。
1.
理事長の任期は3年とし再任をしない。
2.
理事、評議員、幹事、編集委員及び監事の任期は3年とする。再任を妨げない。
3.
学会長の任期は、前期定期学術集会終了の翌日から、その学会長の主催する定期学術集会終了の日までとする。
【第4章】会議並びに委員会
第14条 本会の会を行うために、次の会議をおく。
1.
理事会
2.
評議員会
3.
総  会
第15条 理事会は、次の規定にしたがって行う。
1.
定期理事会は年1回理事長が召集する。
2.
理事長は定期理事会開催2週間前までに書面で会議の目的となる事項を理事に通知しなければならない。
3.
理事の半数以上が出席しなければ理事会を開き議決することはできない。
4.
理事会の議長は理事長とする。
5.
監事、名誉会員並びに幹事は理事会に出席し、意見を述べることができるが、議決に加われない。
6.
理事長が必要と認めたときは、臨時理事会を召集することができる。
第16条 評議員会は、次の規定にしたがって行う。
1.
定期評議員会は、定期学術集会の会期中に学会長が議長として召集する。
2.
学会長は、評議員会開催2週間前までに書面で開催を評議員に通知しなければならない。
3.
評議員3分の2以上が出席しなければ評議員会を開き議決することはできない。但し、書面で通知される当該議事について文書によってあらかじめ意志を表示した者は、これを出席者とみなす。
4.
学会長が必要と認めたときは、臨時評議員会を召集することができる。
第17条 総会は次の規定にしたがって行う。
1.
総会は正会員及び名誉会員、功労会員をもって構成される。
2.
総会は、毎年1回学会長が議長として召集する。
3.
次の各項にかかげる事項については、定期総会に報告して了承を受けるものとする。
      1)事業報告及び収支決算
      2)事業計画及び収支決算
      3)理事会及び評議員会で必要と決めた事項
第18条 本会は、その事業の円滑なる実施をはかるため、次の各項の規定にしたがって委員会を設置及び解散をすることができる。
1.
委員会の設置及び解散は理事会の議決による。
2.
委員会の委員長及び委員は、理事長が委嘱する。
【第5章】経 理
第19条  本会の収支は次のとおりである。
1.
会  費
2.
賛助会費
3.
事業に伴う収入
4.
資産から生じる収入
5.
寄付等その他の収入
第20条 本会の事業を遂行するために必要とされる経費は、前条の収入をもって支弁する。
第21条  本会の事業計画及びこれに伴う毎事業年度の収支予算は理事会が編成し、監事の監査の後、評議員会の議決を経て、総会に報告し、了承を受けるものとする。
第22条 本会の収支決算は、毎事業年度終了後に理事会が作成し、監事の監査の後、評議員会の議決を経て、総会に報告し了承を受けるものとする。
第23条 本会に納入された会費はどのような理由があっても返還しない。
第24条 本会の事業年度は毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。
【第6章】補 則
第25条 本会の会則を変更するには評議員会において出席者の過半数の議決を得なければならない。
第26条 本会の会則を施行するために必要とされる細則は、評議員会の議決をもって別に定める。
第27条 この会則は平成26年6月13日から施行する。

評議員選出に関する施行細則

1.
評議員候補者は原則として以下の経歴を必要とする。
(1)卒後5年以上であること。
(2)最近3年以上正会員であること。
2.
評議員候補者は以下の申請書類を総会の1か月前までに事務局に送付申請すること。
(1)履歴書
(2)業績目録
(3)推薦状
3.
評議員候補者の選考手続きは、まず事務局で候補者条件に適応するか否かを調査し、その結果を理事会に報告し、承認が得られた者につき評議員会の議決を得て、新評議員として総会に報告するものとする。学会長は新評議員に対し評議員委嘱状を交付する。
4.
申請書類記載上の注意事項
(1)履歴書、業績目録、推薦状は本学会専用用紙を用いること。
(2)履歴書:学歴には必ず最終学歴を、研究歴は年度順に記載すること。
(3)業績目録:年代順に、本学会雑誌投稿規定中の「文献の記載」要領に従って記載すること。但し学会、研究会等の抄録は除く。
(4)推薦状:本学会評議員2名からの推薦状。

学会誌に関する施行細則

1.
本学会の機関誌名を「日本産婦人科・新生児血液学会誌(The Japanese Journal of Obstetrical, Gynecological and Neonatal Hematology)」と称する。
2.
本学会誌は原則として毎年刊行する。

会費に関する施行細則

1.
会員は年会費8,000円を納入しなければならない。
2.
賛助会員は年会費50,000円とする。